学校法人ヴィアトール学園 洛星中学校 洛星高等学校洛星の概要

教育方針

心と頭と体のバランスのとれた人間を育てる。

本学園は、「キリスト教カトリック精神に基づく“全人教育”」を目標に掲げて教育を行なっています。

人は神によって創造され、神から無条件で愛されています。
ですから尊い自らの命、個性、能力を大切にすると共に、他者の命、個性、能力を大切にしなければなりません。

授業、クラブ活動、学校行事、宗教行事などを通じて、心、頭、体のバランスの取れた人間を育てます。

●理事長 ゲェタン・ラバディ

●理事長 ゲェタン・ラバディ

校長の挨拶

人の痛みに気づく人、学ぶ楽しさを知る人に

卒業生が周りの人たちから信頼され、隣人、社会、世界の人々に貢献するよきリーダーとなることを願っています。

そのために、正義と平和を求める豊かな感性をもつ人、学問を愛する叡智の人の育成を目指します。

また、下記のリンクより校長メッセージ(Rakusei NEWSLETTERより抜粋 PDFファイル)を
ご覧いただけます。

沿革

1948(昭和23) 8月 ヴィアトール修道会員来日
10月 左京区北白川に京都本部設置
1951(昭和26) 12月 学校法人設立認可
1952(昭和27) 4月 中学校開校3クラス編成
1955(昭和30) 4月 高等学校開校3クラス編成
1962(昭和37) 3月 第一洛星会館竣工(創立10周年)
1963(昭和38) 4月 高等学校4クラス編成
1964(昭和39) 4月 中学校4クラス編成
1966(昭和41) 4月 ヴィアトール講堂(大講堂)竣工
1971(昭和46) 10月 創立20周年記念式典
1982(昭和57) 4月 高等学校5クラス編成
6月 創立30周年記念式典
1983(昭和58) 4月 高等学校6クラス編成
1991(平成3) 4月 創立40周年記念式典
1993(平成5) 4月 中央棟・家庭科棟竣工
2001(平成13) 4月 ミレニアム館竣工
(室内温水プール・テニスコート・駐輪場)
2002(平成14) 1月 本館EAST WING(東棟)竣工
10月 創立50周年記念式典
2003(平成15) 3月 本館WEST WING(西棟)竣工
2004(平成16) 4月 中学校・高等学校5クラス編成
2011(平成23) 10月 西校地竣工(テニスコート・弓道場・実習農園)
創立60周年記念式典

校章

■校章

本学園の校章は、
(1)人間本質
(2)神と人間との関係
(3)教育の根幹
をさす三点を結んで造られる三角形と、学園の守護者聖ヴィアトールの頭文字Vを図案化した三角形とを組み合わせた星形です。

三角形の一つは天に昇り行く人間の祈りを、他の一つは神の座からふりそそがれる祝福をかたどり、この二つの三角形で造られる星は、人間が霊魂と肉体との神秘的結合になるものであることを象徴しているとともに、本学園の輝く希望をもあわせて象徴しています。

彩色は黄金色と濃紺色で青少年教育の根幹、すなわち潔白と誠実をあらわしています。

校章

■校歌

  1. 衣笠の松 しらべもゆかしく
    ほほ笑み立てり 慈愛の護り舎
    (以下繰返し)
    おお洛星 わが平和なる学園
    励み学ぶ歓びは 此処にぞ此処にぞ
  2. 古き都の 伝えを忘れず
    栄ゆる末は 星こそ導け
    (繰返し)
  3. 祈りをこめて 守護者と仰げる
    われらの憧れ 聖ヴィアトール
    (繰返し)
作詞/作曲:ピエール・カリエ神父
カリオン

交響曲

■創立60周年記念交響曲「翔星」

この曲は洛星中学・高等学校の創立60 周年を記念し、2011年に完成した2管編成の管弦楽曲です。

作品名の「翔星(しょうせい)」は、空高く飛ぶ意味の「翔(かける)」と学校名にも使われている「星」を合わせたもので、洛星の生徒達が将来世界で幅広い分野で活躍してほしいという願いが込められています。

楽曲には、洛星の生徒達の若々しさを柱に、校歌と同じくらい親しまれている「トゥリオンフ」、情緒ある京都らしさ、そして品格があり活気に溢れた洛星の生徒達、これらのイメージが色濃く表現されており、一度聞けば誰もが口ずさみやすい旋律です。

キャンパスガイド

下記写真の校舎施設をクリックしていただきますと、各施設の詳細が表示されます。

中央棟 EAST WING WEST WING 南校地 西校地 修道院Aerophotography
↑